2020年09月25日

+STYLE スマート・ペットハウス・コージー2

 +STYLEの「スマート・ペットハウス・コージー2」は、猫ちぐらを彷彿とさせるペットハウス。‘スマート’が冠されているのは、スマートフォンでハウス内の温度調整が可能なためです。

 「温度設定」ではなく「温度調整」であるところがミソだとおもいます。暖房時には室内温度と設定温度の差が大きすぎたりしたときに、冷房時には室内の湿度と温度が機器に影響を及ぼすことがあるため、内蔵センサーで温度と湿度を感知して猫に快適な温度になるように自動調整を行います。

 猫のハウスへの出入りを管理したり、外出先から操作をしたりできるのも本製品の特徴です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【NEW】スマート・ペットハウス・コージー 2
価格:36300円(税込、送料無料) (2020/9/25時点)




posted by せんじい at 22:08| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

PETREE(ペッツリー) 犬猫用浄水機能付き自動給水器

 「PETREE(ペッツリー) 犬猫用浄水機能付き自動給水器」は、タンクの水を常に循環・ろ過することで、いつでもおいしくてきれいな水をペットが飲めるようにしたペット用給水器。

 天然ココナッツ殻由来の高機能三層フィルターでろ過するだけでなく、水を循環させるようにしたところがポイントのようです。

 プレスリリースによれば、本来、動物は流れる水を好むそうで、本製品では水を循環させることで、普段水を飲まないペットも水を飲んでくれるようになることを期待しています。

 また、フィルターとは別に取り付けてある「抜け毛不純物キャッチャー」がペットの抜け毛をキャッチしていつもきれいな水を保ちます。

 タンク容量は1.8リットルなので、長時間家を空けていても安心といえるので、一人暮らしでペットを飼っている人に向いていると感じました。




posted by せんじい at 23:12| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

シャチハタ ネームスタンプ myQR

 シャチハタの「 myQR」はQRコードで自己紹介のできるネームスタンプ。名前の周りをQRコードで囲むというデザイン。

 QRコードに設定できるのは、SNS、ブログ、動画サイト、ホームページ等のURL。店頭で本体のみのパッケージを購入し、インターネットから申し込んだら、約8日間で印面が手元に届く、という仕組み。届いた印面を本体にセットして使用します。

 インキの色は、朱色、黒、藍色の3色で、捺印回数は約500回。インキの補充はできません。QRコードの最大登録文字数は半角英数文字で約98文字。

 ビジネスではメインとはいきませんが、サブ的に使えそうですし、プライベートではかなり利用範囲が広がりそうなアイデア商品です。




posted by せんじい at 22:50| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

足音マット

 若いころは賃貸アパートに住んでいて、騒音トラブルを避けるため、部屋はいつも1階を選んでいました。子どもが生まれると、これは必須条件になるとともに、2階に子供連れが越してきたときは正直憂鬱になったものです。

 ピアリビングの「足音マット」は、集合住宅での防音対策にうってつけの防音マットで、その特長は、

 @吸音と遮音を兼ね備えた「3層構造」
 Aテープ不要で敷き詰めるだけの「滑り止め機能付き」
 B1枚当たり760gと軽いので、「簡単設置」が可能。
 C設置が楽になる「カット可能」な材質。なお、カッターで切れ目を入れてハサミでカットするのがおススメとのこと。
 D市販のタイルカーペット(50cm×50cm)と併用しやすい「設置に便利なサイズ(50×100cm)」

というものです。

 注意点としては、「足音マット」は防音効果を高めるための補助材であり、単体で使用するものではないとのことです。なので、タイルカーペットと併用して使用することになります。同社製品の防音タイルカーペット「静床ライト(しずゆからいと)」と併用したときの防音効果は「遮音等級ΔLL-6」という最高レベルの遮音等級を実現しています。

 遮音等級とは、JISで定められた測定方法で求められる防音性能の等級で、「遮音等級ΔLL-6」だと、足音・走り回る音などは「まず聞こえない」、生活実感は「静かな時の聞こえる」というハイレベルの防音性です。

 これさえあれば、子どもがいても、ピアノがあっても、周囲に気兼ねすることなく過ごせそうです。




posted by せんじい at 23:02| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

コムペット バックパック パエナ

 コムペットの「バックパック パエナ」は、普段はペットハウス、移動時にはそのままバックパックになるという便利アイテム。

 お出かけのときに別のキャリーケースに移そうとすると、嫌がるワンちゃんネコちゃんもいますから、移動時に普段使っているハウスがそのまま使えるのは、飼い主にとっては楽ですし、ペットもストレスを感じないのでは、とおもいました。

 コムペットというのはベビーカーやチャイルドシートのコンビのペット向けブランドで、赤ちゃん向けのノウハウが反映されているのでは、と期待してしまいます。

 サイズはW350×D260×H480mm、耐荷重は13kgといいますから、小型犬や猫の移動には問題ないといえます。

 最近は災害の発生も心配事のひとつなので、事が起きた時にそのまま一緒に避難できるペットハウスというのは防災面で安心感があっていいとおもいました。




posted by せんじい at 19:49| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする