2019年08月12日

『この世界の片隅に』 AbemaTV

 映画『この世界の片隅に』は、こうの史代原作漫画のアニメ映画化作品。太平洋戦争下の広島県呉市を舞台とした女性の物語です。

 主人公のすずは、実家の広島から呉に嫁ぎます。嫁ぎ先の家族、ご近所さんとの交流を育む中、空襲に会い、多くのものを失い...。

 のどかな画風と声優ののんさんの声がマッチしていて、楽しいような、せつないような、不思議な感覚です。

 そんな『この世界の片隅に』が終戦記念日の夜に“AbemaTV”にて放送されるそうです。放送は2019年8月15日23時から「Abema アニメチャンネル」にて。

 ぜひ観てもらいたい作品。

ラベル:アニメ 声優 原作
posted by せんじい at 21:45| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

映画 『MEG ザ・モンスター』

 昨年公開された『MEG ザ・モンスター』をWOWOWで視聴。巨大サメ(メガロドン)との戦いを描いた作品です。

 MEG01_IMG_0873.jpg  MEG02_IMG_0874.jpg

 主役は高飛び込みの選手でもあったジェイソン・ステイサム。海というか水中シーンが似合っているのはさすが。ヒロインはリー・ビンビン。「バイオハザード」でエイダを演じた女優さんですね。他に見知ったキャストはクリフ・カーティス。多くの作品で多彩な役を演じています。

 原作は米人作家のSF小説。原作でのキーパーソンは日本人ですが、映画では中国人になっていて、舞台も中国沿岸。中国資本の影響が明らかw

 「ジョーズ」から感じた怖さはありませんが、メガロドンとの闘い方や決着はある意味リアルで地味なところが共感できました。ただし、人物同士の絡みや観光客のパニックシーンは想定内の展開。

 スリルあるメガロドンとの攻防はアクションものとして楽しめますし、幻想的な深海シーンもよくできていて素晴らしいです。この映像はDVDよりもblue-rayがいいかも。





posted by せんじい at 22:25| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

映画『マレフィセント2』

 maleficent2_01_IMG_5240.jpg  maleficent2_02_IMG_5241.jpg

 映画『マレフィセント2』は『マレフィセント』の続編。前作は、マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)とオーロラ姫(エル・ファニング)の母娘のような交流が描かれていて新鮮な印象を受けた映画でした。アンジェリーナ・ジョリーは昔観た「眠れる森の美女」のマレフィセントそっくりではまり役でした。キャラクターは異なりますが。

 今作の内容は未知ですが、チラシの文面によると、「新たな敵に仕組まれた...」とあります。王妃イングリス(ミシェル・ファイファー)がキーパーソンのようですね。

 公開日は10月18日(金)。楽しみです。

posted by せんじい at 21:26| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

映画 『ビューティフル・デイ』

 映画『ビューティフル・デイ』はホアキン・フェニックス主演のサスペンス。いつものセクシーで美男という印象は消し飛び、粗野で地味な殺し屋を演じています。武器はもっぱら金槌。体型まで中年太り気味の筋肉質に変化。役作りへの意気込みが感じられます。

 主人公は、物忘れが多くなった母親と二人暮らし。一仕事終え、家に戻ったところで、いつもの依頼人から政治家の娘の救出を依頼されます。「荒っぽく」少女を奪還しますが、この間のプロセスは淡々と描かれていますが、緊張感もたっぷりです。

 物語は少女を父親のもとに戻そうとするところから急展開。どんな結末になるのか観ている方も緊張しました。

 フラッシュバックやモノクロを活用した映像が印象的で、緊迫感がいや増しでした。脚本も手掛けたリン・ラムジー監督はすごいです。第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞を受賞したのも納得の作品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビューティフル・デイ【Blu-ray】 [ ホアキン・フェニックス ]
価格:3888円(税込、送料無料) (2019/6/19時点)




posted by せんじい at 17:30| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

映画『東京喰種s』

 tokyogools_01_IMG_4510.jpg  tokyogools_02_IMG_4511.jpg

 映画『東京喰種s』は『東京喰種』の続編。前作は喰種(グール)vs人間という構図でしたが、今回は喰種vs喰種。主人公を食べたくて仕方がない、よりパワーアップしたキャラの喰種が登場します。

 主人公の金木研(窪田正孝)、敵役の月山習(松田翔太)は作品のダークな雰囲気にマッチしていてイイかんじです。

 おそらく、人間サイド(CCG、友人)も絡んでくるとおもうので、どんな展開になるのか楽しみです。

 一つ気になるのが、「宗太」というキャラ。公式サイトでは役者名が塗りつぶされています。7月19日公開なので、それまでに変化があるのでしょうか。興味津々。

posted by せんじい at 22:35| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする