2021年05月03日

Google Earth タイムラプス

 「Google Earth」に「タイムラプス」という機能が加わったと聞いたので試してみました。1984年〜2020年の過去37年間に撮影された2,400万枚の衛星写真をもとに地球の経年変化を観察できる、という内容。使い方は次のとおり。

 スマホで「Google Earth」を起ち上げ、左上のアイコンをタップしてメニューを表示させ、‘Voyager’をタップ。

 01_IMG_2721.jpg

 次に現れた画面の‘Google Earthのタイムラプス’をタップ。

 02_IMG_2722.jpg

 下がタイムラプスの画面。表示された場所の経年変化が表示されます。試した結果、このときに表示された場所は、北米、アフリカ、南極、といった具合でした。

 03_IMG_2723.jpg

 変化が分かりやすい場所として、東京湾を表示させてみました。表示されているのは1984年の東京湾です。

 04_IMG_2724.jpg

 タイムバーが変化すると埋め立て地の変化(赤丸)がよくわかります。

 05_IMG_2725.jpg  06_IMG_2726.jpg

 行ったことのある場所、行ってみたい場所を選んで眺めていると飽きません。なお、写真の解像度の関係でズームアップには限界があるようです。地形変化を見るにはいいですが、ご近所の変化は無理でしたw

posted by せんじい at 17:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする