2020年11月08日

溝のないすり鉢 めぐみ鉢

 溝のないすり鉢「めぐみ鉢」は、溝がないので手入れが簡単なすり鉢。ネーミングの由来は、「め」づまりしない「ぐ」りぐりつぶせる「み」らいのすり鉢、とのこと。

 たしかに、すり鉢を使うと細かい溝にすりつぶしたゴマやら何やらが詰まっていて、細かいだけに溝にこびりついて洗うときの手間が大変です。また、溝に詰まった食材は無駄になるというデメリットも。

 本商品のポイントは、すりこぎを木ではなく陶器にしたところのようです。このことで、上述のデメリットが解決できて、手入れも簡単で食材も無駄にしないですむようになっています。

 従来のすり鉢だと、大きいし、重いし、で利用する機会も限られていましたが、本商品はサイズも手ごろなので、いろいろな料理に活躍しそうです。レシピ本も付いているので、料理のレパートリーが増えること確実です。




posted by せんじい at 17:38| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする