2020年10月05日

本好きの下克上

 ‘コミック’、‘新刊’、‘配信キャンペーン’というワードに誘われて覗いたサイトで知ったのが、「本好きの下克上」という作品。いわゆる異世界転生ジャンルの小説(作:香月美夜/椎名優)が原作で、漫画(画:鈴華)も発刊されていますが、電子書籍のコミックシーモアでも配信中ということでした。

 キャンペーン内容は、新規登録者限定、特典@が50%OFFクーポンプレゼント、特典Aが初回購入作品1冊分まるまるポイントバック(最大1,000ポイント)、というもの。1冊は無料で2冊目は半額、ということですね。

 さて、作品についてですが、本が好きな主人公は、図書館への就職が決まった日に、地震で崩れてきた自宅の蔵書の下敷きになって死んでしまいます。そして、気が付くと異世界の幼女マインとなっていました。

 この異世界では書物は貴重品で、まだ羊皮紙に筆写するという段階。中身は転生前のままで、本が読みたくて仕方がない主人公ですが、体も小さく、体力もないため、行動が思うに任せません。また、ヨーロッパ中世とおもわれる生活環境も、現代からすると、およそ衛生的ではないこともショック。

 これらのギャップをいかに乗り越えて、どのように生きていくのか。タイトルにある「下剋上」がどのように行なわれるのか興味深いです。

 コミックシーモアのサイトはこちら

posted by せんじい at 22:32| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする