2021年01月27日

サンコー 電動回転キュキュブラシ

 トイレの掃除は習慣づけないと大変だとおもっています。汚れは待ってくれませんから、さぼると結果は歴然。除菌シートで拭き掃除はやるものの、力を入れると破れたりするので、便器内や見えない部分まではなかなかカバーできません。

 サンコーの「電動回転キュキュブラシ CUSERTBW」は、電動で回転するブラシで便器の隅々まできれいにしてくれるアイテム。ブラシはシリコン製で便器を傷つけにくいという利点があります。

 トイレブラシを今まで使わなかったのは、使った後の手入れが嫌だったからですが、この製品にはブラシの付け根にUVライトが付いていて、使用後に自動でUVライトがブラシを照射して除菌してくれるので使う気になります。

 収納スタンドは粘着シートで壁に固定できるので、床掃除のときに邪魔にならないのもイイです。

 これでトイレの神様も喜んでくれそうです。




posted by せんじい at 21:27| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

映画 多十郎殉愛記

 中島貞夫監督が20年ぶりにメガホンをとった時代劇。キャストは、主演に高良健吾さん、ヒロインは多部未華子さん。対する京都見廻組の隊長は寺島進さん。他にも、先日逝去された日本一の斬られ役福本清三さん(大好きだった。残念。)、工藤堅太郎、栗塚旭、という通な面々が出演しています。福本さんはきっちりアップで果てていて、さすが5万回斬られた男。

 時代は幕末。舞台は京都。世間に背を向けて絵を描いて生計を立てている元長州藩士(高良健吾)。剣の腕を見込まれて長州藩士から倒幕活動に誘われるものの、それを断り怠惰な日々を過ごしていたところに、血気盛んな実弟が現れ、状況が変わっていきます。

 クライマックスのチャンバラシーンは古き良き東映時代劇を彷彿とさせつつも、やたら斬りまくることもなく、疲労困憊するところもあり、リアルさを表現しています。ここでは、栗塚旭さんがいい味を出しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

多十郎殉愛記≪特典付き≫
価格:4180円(税込、送料無料) (2021/1/22時点)




ラベル:時代劇 幕末 東映
posted by せんじい at 20:44| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

車載タブレットホルダー P-CARTB02BK

 家族でドライブの際、子供を退屈させないようにするのが結構大変です。ドライバー以外の大人がいれば相手もでき、気もまぎれるでしょうが、長時間はさすがに無理(だとおもいます)。初詣でのときに孫と乗ったときには、「100回勝つまでジャンケン」をやらされましたw

 近年ではタブレットで動画を見せるというのが常套手段ですが、子供にタブレットを持たせるのは危ないし疲れるので、ホルダーが必要になります。それも、子供のためですからリアシート用。

 運転中に外れては大変なので取り付け方法に着目して調べてみると、ヘッドレストの支柱に取り付けるタイプがほとんどで、2本の支柱を利用した突っ張り棒タイプと1本の支柱にねじで締めるタイプに2分されるようです。

 エレコムの「車載ホルダー P-CARTB02BK」は1本支柱タイプで、クランプで締め付けるようになっています。工具いらずでしっかり固定できるところが気に入りました。




posted by せんじい at 17:00| レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

50万円貯まるカウントバンク

 我が家では、孫が遊びに来たら100円貯金を行っていて、先日いっぱいになったのでお年玉として渡しました(受け取ったのは親ですがw)。始めたときは一杯になるまで続くか自信がありませんでしたが無事満杯となった次第。孫強しw

 LITHON(ライソン)の「50万円貯まるカウントバンク」は、貯まった額がひと目でわかる貯金箱。1円玉から500円玉まで全ての硬貨を識別可能です(日本硬貨のみ対応)。また、透明容器でどれぐらい貯まっているかひと目で確認できます。

 冒頭の例のように、貯金箱に貯める秘訣はモチベーションの維持だとおもいますが、現在の貯金額がわかり、分量も目視できるというのは、モチベーション維持に好都合だとおもいます。

 50万円にチャレンジしてみたくなりました。




posted by せんじい at 22:02| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

マドゥレス ミニフィットネスバイク

 マドゥレスの「ミニフィットネスバイク」は、自宅用の小型のフィットネスバイク。自転車を家の中に持ち込んだような本格的なフィットネスバイクとは異なり、自転車のペダル部分だけという形状は、家の中でも場所を取りません。

 マグネット負荷方式を採用しているので電源不要で音も静か。電源コードがないのでどこでも置けるし、片付けも簡単。というより、ブラック基調のメカニックなデザインはインテリアとしても通用するとおもいます。

 デスクの下やソファの前に置けば、ながらフィットネスが可能に。在宅ワークで家に長時間いる昨今では、静音設計で、仕事しながら運動もできるというのは大きな魅力です。

 他に気に入った点は、テーブルに置いて手でこぐことができるところ。二の腕のトレーニングまでできるのはとてもいいとおもいます。




posted by せんじい at 23:32| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする