2020年09月25日

+STYLE スマート・ペットハウス・コージー2

 +STYLEの「スマート・ペットハウス・コージー2」は、猫ちぐらを彷彿とさせるペットハウス。‘スマート’が冠されているのは、スマートフォンでハウス内の温度調整が可能なためです。

 「温度設定」ではなく「温度調整」であるところがミソだとおもいます。暖房時には室内温度と設定温度の差が大きすぎたりしたときに、冷房時には室内の湿度と温度が機器に影響を及ぼすことがあるため、内蔵センサーで温度と湿度を感知して猫に快適な温度になるように自動調整を行います。

 猫のハウスへの出入りを管理したり、外出先から操作をしたりできるのも本製品の特徴です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【NEW】スマート・ペットハウス・コージー 2
価格:36300円(税込、送料無料) (2020/9/25時点)




posted by せんじい at 22:08| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

ミズノ モーションロープ

 ミズノの「モーションロープ」は、長さ約1m、重さ約4kgのゴム製のロープ状のトレーニンググッズ。本製品の重さとしなりを利用して、柔軟性と身体操作性を高めます。なお、ロープといっても太さは約5、6cmで、片手で掴むのにちょうどいい、筒のような太さ。

 メーカーサイトで紹介されているトレーニング方法は、肩甲骨回りの柔軟性が上がる「8の字トレーニング」と「ゴルフスイングトレーニング」、股関節とハムストリングのパフォーマンスを上げる「股関節トレーニング」、ピッチャーの投球に特化した「投球トレーニング」、そして、「ウォーミングアップ」の5種類です。

 「8の字トレーニング」と「ゴルフスイングトレーニング」はさほどきつくないような印象ですが、「股関節トレーニング」は結構ハードな内容。

 場所は取らないし、3種類で約10分のトレーニングなので、効率良く時短トレーニングが行えそうです。




posted by せんじい at 23:42| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

携帯用エスプレッソメーカー STARESSO MINI

 「STARESSOR MINI(スタレッソミニ)」は、メーカーが世界で一番小さいと謳っている携帯用エスプレッソメーカー。エスプレッソメーカーといえば、大掛かりなマシンというイメージがあるのですが、こちらの製品は小さめのペットボトル程度の、片手で持てる大きさです。電源不要で、手のひらで押し下げてポンピングを行う方式なので、サイズと相まって、気軽に持ち歩けるのが特長です。

 コーヒー豆を挽いたり、詰めたり、といった手間もコーヒーを淹れる楽しみの一つだとおもいますが、本製品はネスプレッソも含めたカプセルコーヒーにも対応しています。旅先やアウトドアでは、携帯性や手軽さを重視したいとおもうのでカプセルコーヒー対応はありがたいです。

 お一人様で楽しむのもいいですし、アウトドアでの楽しみの一つにもなりそう。




posted by せんじい at 21:56| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

接触冷感マスク クールマスク

 残暑厳しい折、普通の使い捨てマスクでは汗の出方がより多く感じます。なので、屋外では風通しのいい素材のマスク、オフィスでは使い捨てマスクと使い分けています。

 mask_IMG_0639.jpg

 ただ、見てのとおり、屋外用がだれてきたので新調しようとおもい、見つけたのが「接触冷感マスク クールマスク」です。

 販売しているのはMASK CLUB。マスクの専門店です。品揃えが豊富で、完成品から生地やゴムといった材料まで取り扱っていて、その中から選んだのが「接触冷感マスク クールマスク」という次第。

 特長は、冷感値Q-Max0.286(0.2以上が冷たく感じる目安)、UVカット99.9%、抗菌・防臭加工などで、一番の決め手は冷感値でした(暑がり、汗かきなので)。

 他にも、繰り返し洗える、顔に密着する伸縮性のある生地、濡らすとさらに冷たくなる、そして3枚セットで330円(税込)というコスパの良さです(送料は別途200円)。

 公式サイトはこちら→MASK CLUB
posted by せんじい at 23:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

サンコー モバイルバッテリー付きICレコーダー CMUVRMB3

 サンコーの「モバイルバッテリー付きICレコーダー CMUVRMB3」は容量3200mAhのバッテリーを内蔵したICレコーダー。会議や講義を録音したりする場合、スマホで録音するのもありですが、そのスマホに電話がかかってきたらアウトです。で、やっぱりICレコーダーは必要、となる次第です。

 一方、スマホにとっては、外出時の電源確保は至上課題ですが、持ち歩く機器はなるべく少なくしたいところ。

 そんな状況を考えると、本機のようにICレコーダーとモバイルバッテリーが合体した製品というのは、とても納得がいきます。

 録音とスマホ充電を同時に行えるのも便利です。これなら会議準備で充電し忘れていても会議中に充電できるので安心です。




posted by せんじい at 19:47| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする