2019年09月18日

LINE漫画『ぐるぐるてくてく』

 LINE漫画『ぐるぐるてくてく』(作:帯屋ミドリ)は、散歩部の二人の女子高生が散歩するだけのお話。

 guruteku_01_IMG_6567.jpg  guruteku_02_IMG_6568.jpg


 散歩部なのに方向音痴の部長の葵(あおい)(高2)と廃部阻止のために勧誘された部員の歩(あゆむ)(高1)が主人公。ほのぼのとしたやり取り、絶対迷う葵、それを見守る歩、という鉄板の設定。

 ストーリーはただ散歩するだけですが、これが妙に面白い。街の情景もいいし、豆知識が披露され、各話に登場する目的地に行ってみたくなります。

 東京に住んでいる人がうらやましくなる漫画。

posted by せんじい at 23:09| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

「家のネコと野生のネコ」

 澤井聖一著の「家のネコと野生のネコ」を新聞広告で知りました。

 ienoneko_IMG_5985.jpg

 まず、「最高の猫図鑑」、「驚きの新事実が続出!」、「あなたは「ネコの真実」を知らない。」という見出しに魅かれます。次いで、小見出しを見ていくと、

 ・世界中の黒猫は1匹のネコから始まった。
 ・ジャガーは人間を襲わない。
 ・年々速くなるチーターの最高速度

等々、どれも興味深い内容です。ネコ好きとしては無視できない1冊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家のネコと野生のネコ [ 澤井聖一 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2019/8/29時点)




posted by せんじい at 23:44| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

平山夢明 「デブを捨てに」

 まずタイトルに目が行き、次に作者名を見て手に取りました。作者は「ダイナー」の平山夢明。
 
 debusute_IMG_5729.jpg

 表題作を含めた全4作から成る短編集。他の作品のタイトルは、「いんちき小僧」、「マミーボコボコ」、「顔が不自由で素敵な売女」。どれも、一癖も二癖もあるタイトルで、読みたい感が押し寄せてきます。

 シュールというかどん底というか、その中にユーモアが混じっていて、クセになります。どれもイイ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デブを捨てに (文春文庫) [ 平山 夢明 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2019/8/11時点)




posted by せんじい at 21:48| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする