2020年01月03日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

 ブレイディみかこ著『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)の舞台はロンドン。主人公はアイルランド人と結婚した日本人の母親。カトリック系のお上品な小学校を卒業した息子が「元底辺中学校」に入学したことから起きる出来事をつづったノンフィクションです。

 「元」というところがミソ。タイトルと舞台から肌の色を連想しましたが、「ブルー」が謎でした。さらに、目次を見ると、最終節のタイトルは「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとグリーン」とあり、ますます謎。

 文章は読みやすく、すいすい読み進めます。おススメです。



posted by せんじい at 23:06| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

「一年生になるまえに」

 年が明けると、あっという間に新学期。1月から3月は時間が早く経つように感じられます。

 「一年生になるまえに」は、くもんの入学準備シリーズ。小学校入学をひかえ、学習の準備状況を確認するドリルで、「さんすう」と「こくご」があります。

 1nensei_IMG_8152.JPG

 「さんすう」では、かず・たし算・ひき算・時計の読みを、「こくご」では、ひらがな・カタカナ・漢字の読み書きを確認します。どちらも「チェックリスト」がついているので、何が足りないか確認できます。




posted by せんじい at 22:23| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

『超効率勉強法』

 『超効率勉強法』(学研プラス)の著者はメンタリストのDaiGoさん。今まで行われてきた定番の勉強法は気休めか効率が悪い、とのこと。

 本書では、最短の時間で最大の成果を手に入れるための35のメソッドが紹介されています。

 キーワードは、「想起(思い出すこと)」と「再言語化(自分の言葉に置き換えること)」だそうです。

 昔知っていたらもっといい大学に入れたかも、とおもわせてくれる本。結局は本人の努力次第ですが、知ると知らないでは大違い。試験勉強は学生だけではなく、社会人になっても直面する現実ですし、年を取っている分、社会人こそ読んでおくといいかもしれません。



posted by せんじい at 21:51| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする