2020年07月31日

MTL-K013 艶泡ビールフォーマー

 最近テレビでよく見かけるのが泡の効果を謳う缶ビールのCM。タレントが泡をつくるサーバーを缶に添えて注いでいます。美味しい泡を生み出しているのはサーバーから発する超音波。缶ビールを箱買いすると付いてくるようです。

 「MTL-K013 艶泡ビールフォーマー」は、超音波洗浄器も取り扱っているmottole(モットル)の製品。CMのようにきめ細かい泡を生み出します。

 きめ細かい泡は長持ちするため、あたかもビールに蓋をしたような状態になり、炭酸が抜けづらく、ビールの美味しさが長持ちするそうです。また、クリーミーな泡は口当たりを柔らかくしてくれるとのこと。

 使い方は、まず、缶に本機をセットし、電源を入れないで泡を立てないように7割注ぎます。次に、電源を入れて2、3秒待ったら残りの3割を注ぎます。これで美味しい泡の完成です。7:3というのが黄金比だそうです。

 330ml、350ml、500mlの缶に対応していて、スーパードライ、一番搾り、クリアアアサヒ、Budweiser、オールフリーについてはメーカーでテスト済みです。ただし、ノンアルコールビールは泡が立ちにくい場合があるそうです。

 そろそろ各地で梅雨明けを迎えるとおもいますし、ビールを楽しむ機会も増えるとおもいます。どうせなら美味しくいただきたいので、こんなグッズがあると便利ですね。




posted by せんじい at 21:25| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

日清食品 ラーメンデリバリーサービス RAMEN EX

 自粛要請をきっかけに飲食店がお弁当を店頭で販売している光景をよく見かけます。リーズナブルな値段で普段は足を運ばないお店の味が楽しめるのがメリットですが、洋食弁当や焼肉弁当はあるものの、さすがにラーメンは見かけません。ラーメンの具材を使ったお弁当は見たことがありますが、ラーメンそのものはやはり持ち帰りは難しいのかな、とおもっていたら、味なサービスを日清食品がやっていました^^

 サービスの名前は「RAMEN EX」。日本各地の有名店のラーメンを家庭で楽しめるラーメンデリバリーサービスです。麺が伸びるとか、スープが冷めるといった、今までのラーメンの出前が抱えていた課題を日清食品のノウハウで解決することで、電子レンジで加熱するだけでお店で食べるのと変わらない美味しさを楽しめるようにした、というものです。

 ラインアップは、一風堂(博多)、すみれ(札幌)、ますたに(京都)、無鉄砲(大阪)、の4店からの看板ラーメンに日清オリジナルの豚天国を加えた5品。

 ・博多とんこつラーメン(一風堂、税込1,080円)
 ・札幌濃厚味噌ラーメン(すみれ、税込1,080円)
 ・背脂鶏ガラ醤油ラーメン(ますたに、税込1,080円)
 ・とんこつラーメン(無鉄砲、税込1,080円)
 ・豚天国ラーメン(日清オリジナル、税込1,380円)

 Uber Eatsか出前館で注文して、麺、スープ、具材がセットになった商品が届いたら電子レンジで加熱するだけ。有名店の味がたったこれだけの手間で楽しめるなら利用しないという選択肢はないですね。

 注意点は、届いたらすぐに食べる、電子レンジ調理専用であること、上記料金以外にUber Eatsや出前館の手数料がかかること、といったところです。

 今後期待したいのは取り扱いエリアの拡大。現在は、東京エリア(西麻布店、新宿店)、大阪エリア(梅田店)、という状況で、6月には福岡で展開予定だそうです。今後も、順次、エリア拡大の予定とのことなので期待したいです。

  公式サイトはこちら:RAMEN EX 
posted by せんじい at 22:30| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

チキンラーメンチャーハン(アクマのタンタン)

 今はやりのカップヌードルチャーハンを作ってみようと思い立ち、台所を物色して見つけたのが「チキンラーメン アクマのタンタン」の最後の一袋。なので、チキンラーメンチャーハンに宗旨替え。
 
 01_IMG_0159.jpg  02_IMG_0160.jpg

 カップヌードルチャーハンの作り方は、

  @カップヌードルの麺を砕いて水に浸す。
  A油を引いたフライパンに、卵、ごはんの順に投じて卵チャーハンを作る。
  BAに@を混ぜて、水気がなくなるまで炒める。

なので、これに準じてチャレンジ。

 まず、ビニール袋に入れて麺を砕き、水に浸します。このとき、具材の肉そぼろとニラも一緒に水に浸しました。

 03_IMG_0162.jpg  04_IMG_0165.jpg

 次に、卵チャーハン。サラダ油大さじ1杯を煙が出るまで熱して、卵を手早く混ぜてごはんを投入し混ぜていきます。終始強火。

 05_IMG_0166.jpg  06_IMG_0167.jpg
 07_IMG_0168.jpg

 卵チャーハンに水に浸しておいたアクマのタンタンを水ごと投入。パラパラになるまでひたすら混ぜます。

 08_IMG_0169.jpg  09_IMG_0171.jpg

 最後に、旨辛スープを入れてなじませたら完成です。

 10_IMG_0172.jpg  11_IMG_0175.jpg

 さて、実食。...これはイイです!プレーンな卵チャーハンにチキンラーメンの麺と具材が加わって、立派なチャーハンになっています。旨辛スープのおかげでいつものチャーハンとは一味違う辛めの仕上がりになったのも新鮮な印象です。

 12_IMG_0177.jpg

 カップ麺、卵1個、ごはんがあればちゃんとしたチャーハンが簡単に作れることがわかりました。おっさんでもできます^^。今回は「アクマのタンタン」という変化球だったので、次回はストレートにカップヌードルで作りたいとおもいます。ごちそうさまでした。

posted by せんじい at 21:00| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする