2019年05月19日

「マルちゃん 黄色い博多焼きラーメン」

 「マルちゃん 黄色い博多焼きラーメン」(以下、「焼きラーメン」)は、「赤いきつねうどん」、「緑のたぬき天そば」につづく「黄色いラーメン」の汁なしバージョン。「黄色いラーメン」自体は1982年誕生で、「焼きラーメン」は今回初登場です。

 yakira-men_01_IMG_4139.jpg

 「焼きラーメン」の売りのひとつは「熱湯1分」というところ。かやくを空けて熱湯を注ぎ、1分経ったら特製油をかけて軽く混ぜ、最後に粉末ソースをかけてまぜて完成。

 yakira-men_05_IMG_4208.jpg yakira-men_06_IMG_4210.jpg 

 キャベツときくらげがタップリなのがうれしいです。麺は「博多ラーメン」を意識してか細麺。1分という短時間でもちゃんと仕上がっていて、コシがありました。

 yakira-men_07_IMG_4213.jpg

 くどくない味付けと細麺。博多ラーメンが好きなせいもあるのか、とても気に入りました。季節商品のようなので、見かけたらすかさずゲットしたいとおもいます。

posted by せんじい at 18:52| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

ゆで卵 経済的な作り方

 キャンプの下準備で食材の仕込みをすることになり、ゆで卵も準備することになりました。

 とはいえ、半熟や固ゆでなど色々コツがありそうなのでネットで検索したら、「ゆで卵の経済的な作り方」という情報を見つけました。

 こちらの記事によると、水の量を少なくし、かつ、ゆで時間を短くする、というのが「経済的」という所以のようです。

 注目のレシピと実際やってみた状況はこちら↓

 @卵の高さの半分程度(約2cm)のお湯を沸かす。
 A卵をお湯に入れる。冷蔵庫から出したばかりの卵だったら、お湯に入れる前に水にさっとくぐらせてからお湯に入れる。

 egg01_IMG_3771.jpg

 B少ない水でもゆでられるのは蒸し煮状態にするからで、必ず蓋をします。弱火で4分間。

 egg02_IMG_3772.jpg

 C4分たったら火を止めます。見た目はまだわかりません(当たり前w)。

 egg03_IMG_3773.jpg

 D今回は固ゆで卵を目指したので、再び蓋をして8分間蒸らしました。見た目は変わらず(当たり前w)。

 egg04_IMG_3774.jpg


 出来上がったゆで卵(写真左)。右の写真が皮をむいた状態です。きれいな白身。

 egg05_IMG_3776.jpg egg06_IMG_3778.jpg

 全部むいた状態と、二つに割った状態。きれいに出来上がりました。大成功!味も美味。

 egg07_IMG_3781.jpg egg08_IMG_3783.jpg

 ゆで卵をちゃんと作ったのは生まれて初めてかもしれませんが、こんなに上手にできるとはおもいませんでした。

 ・蓋付き鍋を準備。
 ・卵は水にくぐらせてから熱湯に入れる。
 ・卵を入れたら、弱火で4分。さらに、火を止めて8分蒸らす。

 以上を守れば、いつでも美味しいゆで卵を味わえます。見つけた記事に感謝です。

posted by せんじい at 23:49| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

ファミリーマート 「大きなカスタード&ホイップシュー」

 ファミリーマートの「大きなカスタード&ホイップシュー」は、ファミマで見つけたデカいシュークリーム。売り文句は「Wクリーム仕立て」

 Wshuu_01_IMG_3721.jpg Wshuu_02_IMG_3727.jpg

 二つに割ると、ホイップクリームとカスタードクリームが登場。

 Wshuu_03_IMG_3731.jpg

 普通のシュークリームにありがちな空洞が全くないのがすばらしいです。シュー生地はサクサクした食感、ホイップクリームはミルクの風味が感じられつつ、くどくない仕上がりです。対して、カスタードクリームは濃い味わいで、2種類のクリームがほどよくバランスしていて美味。

 これ、好きなやつです。
posted by せんじい at 23:31| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする