2020年05月21日

温度調節電気ケトル SK-D171

 飲み物を淹れるときの適温は、コーヒーは95℃前後、紅茶は95〜100℃、日本茶は茶葉によって淹れ分けて熱湯から60℃まで、といわれています。

 美味しく飲みたいのはやまやまですが、いちいち温度計のお世話になるのは億劫なので、温度調節ができるケトルがあると便利です。とはいえ、コーヒーだから95℃を維持、紅茶だから95℃以上を維持、とか、きっちり温度設定ができる製品でないと意味なさそうです。

 その点、シロカの「温度調節電気ケトル SK-D171」は1℃単位で温度設定ができるのが特長で、コーヒーと紅茶の使い分けもこれなら大丈夫といえます。

 お湯を沸かすときは、設定した温度まで加熱して保温する「加熱モード」を選んで温度設定するだけ。温度設定を97℃〜 100℃にした場合は、96℃前後で保温するようになっています。

 容量は0.8リットルなので片手で持ちやすいし、注ぎ口は先端が細くなっていて、ドリップコーヒーのときに細く途切れずに注げるようになっているのもいいですね。




posted by せんじい at 17:14| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

車載用プラズマクラスターイオン発生機 IG-MX15

 公共交通機関での移動を差し控えたくなる今日この頃、我が家でも必然的に車移動の機会が増えています。ただし、車は閉じられた空間なので、車内環境のケアを行わないと片手落ちといえます。

 シャープの「車載用プラズマクラスターイオン発生機 IG-MX15」は、「プラズマクラスターNEXT」搭載により、従来機よりイオン濃度が約20%アップし、消臭スピードも約2倍以上に向上しているのが特長です。

 車内の6大付着臭(カビ臭、汗臭、体臭、 食べ物臭、タバコ臭、ペット臭)の消臭だけでなく、花粉キャッチフィルターで花粉や細かなホコリ(約10μm以上)も捕集してくれるのがうれしいです。

 その他の特長のなかでおススメなのがUSB電源であるところ。「車載用」とあるように、クルマのカップホルダーに収まるように設計されているのですが、USB電源のおかげでクルマから持ち出して自宅やオフィスでも使えるようになり、いつでもどこでもきれいな空気がそばにある、という環境を実現できるところが気に入りました。




posted by せんじい at 20:34| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

サンコー 『自動カップ麺メーカー 「まかせ亭」』

 サンコーの『自動カップ麺メーカー 「まかせ亭」』は、カップ麺専用のサーバー。水を入れてカップ麺をセットすれば、お湯を沸かして自動注入してくれるので、手間いらず。

 昇降機能で、60〜130mmの高さのカップ麺に対応していて、BIGサイズもOK。タイマー機能で出来上がりを教えてくれるので、仕事に集中して麵がのびてしまった、ということも防げます。

 仕事場に1台あると便利。



posted by せんじい at 22:51| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする