2019年12月06日

映画『フォードvsフェラーリ』


 FvsF_01_IMG_7559.jpg   FvsF_02_IMG_7560.jpg

 映画館で映画『フォードvsフェラーリ』の予告編を観ました。ルマンでフェラーリのために苦汁を味わい続けてきたフォードは、経営危機のフェラーリを買収しようとしますが、フォード視察に来たエンツォ・フェラーリは「フォードは車も工場も醜い」と言い捨て、交渉は決裂。恨み骨髄のフォードが腕利きのエンジニアとドライバーで勝てるレースカーを開発しルマンに挑む、というストーリー。

 このときのエンジニアがキャロル・シェルビーとは今回初めて知りましたし、アイアコッカも登場してきて、昔のアメ車好きとしては、一気に親近感が湧きました。

 シェルビーにマット・デイモン、ともにレースカーを開発するドライバーにクリスチャン・ベール。この手の男臭い映画にはうってつけの配役。

 2020年1月10日公開。フォード・GTが躍動するところが観れるのはとても楽しみ。

posted by せんじい at 23:58| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする