2019年05月08日

ゆで卵 経済的な作り方

 キャンプの下準備で食材の仕込みをすることになり、ゆで卵も準備することになりました。

 とはいえ、半熟や固ゆでなど色々コツがありそうなのでネットで検索したら、「ゆで卵の経済的な作り方」という情報を見つけました。

 こちらの記事によると、水の量を少なくし、かつ、ゆで時間を短くする、というのが「経済的」という所以のようです。

 注目のレシピと実際やってみた状況はこちら↓

 @卵の高さの半分程度(約2cm)のお湯を沸かす。
 A卵をお湯に入れる。冷蔵庫から出したばかりの卵だったら、お湯に入れる前に水にさっとくぐらせてからお湯に入れる。

 egg01_IMG_3771.jpg

 B少ない水でもゆでられるのは蒸し煮状態にするからで、必ず蓋をします。弱火で4分間。

 egg02_IMG_3772.jpg

 C4分たったら火を止めます。見た目はまだわかりません(当たり前w)。

 egg03_IMG_3773.jpg

 D今回は固ゆで卵を目指したので、再び蓋をして8分間蒸らしました。見た目は変わらず(当たり前w)。

 egg04_IMG_3774.jpg


 出来上がったゆで卵(写真左)。右の写真が皮をむいた状態です。きれいな白身。

 egg05_IMG_3776.jpg egg06_IMG_3778.jpg

 全部むいた状態と、二つに割った状態。きれいに出来上がりました。大成功!味も美味。

 egg07_IMG_3781.jpg egg08_IMG_3783.jpg

 ゆで卵をちゃんと作ったのは生まれて初めてかもしれませんが、こんなに上手にできるとはおもいませんでした。

 ・蓋付き鍋を準備。
 ・卵は水にくぐらせてから熱湯に入れる。
 ・卵を入れたら、弱火で4分。さらに、火を止めて8分蒸らす。

 以上を守れば、いつでも美味しいゆで卵を味わえます。見つけた記事に感謝です。

posted by せんじい at 23:49| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする