2018年12月26日

竹林七草 『お迎えに上がりました。』


omukae_IMG_2240.jpg

 集英社文庫の竹林七草著『お迎えに上がりました。』は設定が面白い小説。路頭に迷っていた主人公(うら若き女性)は、国土交通省の臨時職員に採用されますが、配属されたのは「地縛霊」を立ち退かせる「幽冥推進課」という部署。さらに、同僚は全員妖怪w

 なかなかユニークな設定。集英社によると「公共事業系あやかしコメディ」だそうです。第3巻まで出ていて、人気を裏付けていると感じました。

posted by せんじい at 21:26| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする