2018年07月15日

『お父さんが教える自由研究の書きかた』

 夏休みになると、子供の宿題、特に自由課題を手伝ったことを思い出します。見学日記と称して県内のダムを一緒に車で見て回ったり、ディズニーのスプラッシュマウンテンの仕掛け絵本を作ったりしました。

 娘はちゃっかり優秀賞をもらったりしていましたが、思い返すと、自分も父親に昆虫採集を手伝ってもらい、父親の手になる標本で表彰されたので、この流れは持ち回りかもしれません。

 赤城かん子著の『お父さんが教える自由研究の書きかた』は、テーマを紹介するのではなく、「書き方」を示している本です。その場しのぎのハウツー本ではなく、将来役立つ基本的な考え方を教えてくれるのでいいとおもいました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お父さんが教える自由研究の書きかた [ 赤木かん子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/7/15時点)




posted by せんじい at 23:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする