2018年01月17日

芥川賞 「おらおらでひとりいぐも」

 第158回芥川賞授賞作は「百年泥」と「おらおらでひとりいぐも」の2作に決定しました。

 気になったのは「おらおらでひとりいぐも」。直感で東北の言葉とおもったら、案の定、岩手の言葉のようです。作者の若竹千佐子さんは岩手県遠野市出身とのことで、御年63歳での受賞です。

 出版元の河井出書房新社の内容紹介には「青春小説の対極、玄冬小説の誕生!」との言葉が。また、「おらの今は、こわいものなし」という言葉もありました。

 題名の意味が「自分は独りで行く」なのか「自分は独りでいい」なのか、読んで確認するしかないですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おらおらでひとりいぐも [ 若竹 千佐子 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/1/17時点)



posted by せんじい at 23:42| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする