2016年03月31日

古館伊知郎

古舘伊知郎さんが、本日、報道ステーションの出演を終えました。

番組の最後で、7、8分かけて挨拶していました。その内容は、

・12年間続けることの大変さ
・当初思い描いていたコンセプト(普段着の放送)と現実(報道における表現の限界)とのギャップ
・降板の理由はこのギャップからくる窮屈さであること
・番組を通じての毀誉褒貶に対する感謝

等でした。

次に姿を現すときは、報道番組という制約を受けない自由奔放な姿を見せてくれるのではないか、とおもいました。
posted by せんじい at 23:55| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする