2020年01月03日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

 ブレイディみかこ著『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)の舞台はロンドン。主人公はアイルランド人と結婚した日本人の母親。カトリック系のお上品な小学校を卒業した息子が「元底辺中学校」に入学したことから起きる出来事をつづったノンフィクションです。

 「元」というところがミソ。タイトルと舞台から肌の色を連想しましたが、「ブルー」が謎でした。さらに、目次を見ると、最終節のタイトルは「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとグリーン」とあり、ますます謎。

 文章は読みやすく、すいすい読み進めます。おススメです。



posted by せんじい at 23:06| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

「オムロン ウェアラブル血圧計 HCR-6900T」

 「オムロン ウェアラブル血圧計 HCR-6900T」はスマートウォッチのような外観の血圧計。据え置き型だと朝夕だけとかしか計測できませんが、本製品は、腕時計のように常日頃着用でき、こまめに血圧計測ができるのが特徴です。

 専用スマホアプリ(HeartAdvisor)を使って、測定した血圧や歩数、睡眠パターンなどをスマホへ自動で記録することができ、継続的な健康管理をサポートする、というのも今風ですね。

 なお、血圧計測の精度は、管理医療機器としての認証を取得しているとのことなので、安心して使用できますね。

posted by せんじい at 20:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする