2019年10月27日

家庭用プラネタリウム 『HOMESTAR Classic Satellite MOON』

 『HOMESTAR』は、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏とセガトイズが共同開発した世界初の光学式家庭用プラネタリウムで、いろいろなバージョンが出ています。

 そのなかで、『HOMESTAR Classic Satellite MOON』は、「日本の星空と月」と「月の裏側から見た星空」という2つの原板がついたモデル。

 製品サイトによれば、「日本の星空と月」は、「満月とススキ」または「三日月と雲」とともに6万個の星々を堪能できるというものであり、「月の裏側から見た星空」は、月面探査機でしか見ることができない月の裏側の南半球から見上げた星空を映し出すというもの。

 秋の夜長というには季節が深まった感じがするので、個人的には「月の裏側から見た星空」が気になります。

posted by せんじい at 21:54| レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

パナソニック 『感震ブレーカー』

 最近は台風災害が多いのですが、地震対策も忘れないようにしたいです。通電火災の危険性は周知されているとおもいますが、いざ地震が起きたら、ブレーカーを落として避難するというような冷静さを保っていられるか自信はありませんし、家人に任せるのも不安です。

 パナソニックの『感震ブレーカー』は、震度5強以上の地震を感知したら、分電盤の主幹ブレーカーを強制遮断して、通電火災を防止する装置。

 ラインアップされているのは4種類。

 @ 既設用:既設のパナソニック製住宅分電盤「コンパクト21」に1回路分の空きスペースがある場合。→『BQX702』

 A新設用:分電盤自体を新設する場合。→『地震あんしんばん』

 B既設用:既設分電盤に空き回路スペースがない場合や、他社製分電盤の場合。→『BQE3253Z』

 C既設用:感震機能と回路増設が必要な場合。→『BQE8407Z』

 なお、ブレーカーの取り付けは素人には無理なので、自分の家がどのパターンなのかも含めて専門業者に相談するのが第一歩ですね。

posted by せんじい at 22:57| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

『両面カーボンヒーター ACH-480』

 台風が過ぎるたびに気温が下がってきて、そろそろ暖房が欲しくなってきます。ただ、部屋全体を暖めるほどの寒さではないので、少人数で温まれる暖房器具が欲しくなるところ。

 局所的な暖房器具としては、カーボンヒーターが最近人気ですが、一人用がほとんどのようです。なので、数人で暖を取りたいときにいいのはないか調べていて見つけたのが『両面カーボンヒーター ACH-480』。

 これだと、本体の両面にカーボンヒーターがあるので、二人以上で暖が取れます。

 子供部屋はもちろん、台所や脱衣場にも向いているとおもいました。



posted by せんじい at 23:57| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする