2018年01月20日

映画 『孤狼の血』

 映画『孤狼の血』は、広島を舞台とした悪徳刑事を主人公とした暴力団の抗争を描いた昭和のニオイを感じさせる映画です。同名の警察小説(柚木裕子著)の映画化作品。

 昭和のニオイと表現したのは、「広島」、「暴力団」というフレーズから名作『仁義なき戦い』を連想したため。この作品は、時折、無性に観たくなりますのでこちら↓に助けてもらっていますw 本当に素晴らしいシリーズです。

仁義なき戦いBOX02_IMG_8076.jpg

 話がそれました。『孤狼の血』の予告編は短いのですが、ギラギラ感が「仁義なき戦い」を彷彿とさせました。役所広司主演で2018年5月公開。期待大です。

映画情報:映画「孤狼の血」公式サイト

原作情報:柚木裕子『孤狼の血』特設サイト

posted by せんじい at 21:48| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

芥川賞 「おらおらでひとりいぐも」

 第158回芥川賞授賞作は「百年泥」と「おらおらでひとりいぐも」の2作に決定しました。

 気になったのは「おらおらでひとりいぐも」。直感で東北の言葉とおもったら、案の定、岩手の言葉のようです。作者の若竹千佐子さんは岩手県遠野市出身とのことで、御年63歳での受賞です。

 出版元の河井出書房新社の内容紹介には「青春小説の対極、玄冬小説の誕生!」との言葉が。また、「おらの今は、こわいものなし」という言葉もありました。

 題名の意味が「自分は独りで行く」なのか「自分は独りでいい」なのか、読んで確認するしかないですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おらおらでひとりいぐも [ 若竹 千佐子 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/1/17時点)



posted by せんじい at 23:42| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

全豪オープンテニス WOWOW 生中継

 最近は冷え込みが厳しくてアウトドアスポーツの気分ではないですが、1月15日から始まる全豪オープンテニスは逆に暑さ対策が必要な大会です。

 ハードコートでは照り返しも厳しいとおもいますが、選手の皆さんには頑張ってほしいとおもいます。昨年の覇者はフェデラー。今年は誰なのか、楽しみです。

 テレビ放送はNHK総合とWOWOWの2つ。NHKが録画とおもわれるのに対し、おススメなのが毎日生中継で放送するWOWOWです。
 
 せめて、画面で夏気分を味わいたいとおもいます。

 WOWOWのHPはこちら→WOWOW ONLINE
posted by せんじい at 23:24| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする